マカオのカジノ徹底調査について

カジノと投資の違い

"カジノ=ギャンブルと投資はよく一緒だと思う人が多いがギャンブルと投資は全く違うものだ。

たしかにギャンブルに近い投資方法もあるが、それでもギャンブルとは全く違う。

では、どう違うかというとギャンブルは負けると掛けたお金を全て取られてしまうが、投資の場合は本人が負けたと思った時点で引き上げることができる。投資したお金を全てなくすという事はほとんどない。(もちろん、例外はある。)

投資というのはあくまでも今、持っているお金を時間をかけて増やすというものだ。なのでギャンブルと違い時間がかかることが前提となっている。

ギャンブルと投資の一番の違いは投資は勉強すればするほど利益をあげることができるという事だ。

ギャンブルでも例えばルーレットだと、色々な数字にかけることができる。できるが、掛けた数字全てを外したら全て取られてしまう。ブラックジャックでも出てきたカードをすべて覚えれば勝つ確率が高くなる。高くなるが一度負けたら掛けたお金を全て取られてしまう。
投資は例えば世界大恐慌が起きたとしても、金融価値が上がる金融商品は存在する。ベア・ブルファンドというものだ。

なので投資は勉強すればするほど利益を出す事が出来るのです。投資とギャンブルとの一番の違いです。

"

カジノで勝てるゲームを狙う

カジノには、色々なゲームが置かれております。
ルーレット、大小、ポーカー、ブラックジャック、スロット、クラップス、レッドドッグ、
トラントエカラント、キノ 、ビンゴ などですが、これらは大まかに二つの種類に
分類ができます。
まず一つはひたすら運に頼るというもの。
ルーレットや大小、スロットなどはこれにあたり、素人でも大当たりする
可能性がある反面、玄人でもなかなか勝率を上げるのは大変だというゲームです。
ふらりと旅行をして、ちょっとカジノで遊ぶという感覚を楽しみたいというのであれば、
こちらのゲームに挑戦するというのも良いでしょう。
ですが、きちんとカジノを訪れたからには運や勢いだけでなく、自分の腕を
試して賭け事をしたいという場合、オススメするのは別の種類のゲームです。
そのもう一つの種類とは、技術や腕をみがくことで、勝率があげられる
知能ゲームです。
ブラックジャックやポーカーなどがその代表としてあげられますが、多くの人が
手堅く稼ぐのならと、勧めているのはブラックジャックです。
ポーカーなども戦略を立てることによって、勝率は上がりますが数多い札を
利用することと、複雑なルールの為計算が大変なのに対し、ブラックジャックは
自分の持ち札の計算と、相手のバースト狙いをするだけで済むという点からも、
ねらい目だといわれています。
他のゲームと違い、ブラックジャックは必勝法などをネットで公開してくれている
サイトが幾つもあります。
もしチャレンジするのであれば、それらを一読してからカジノ体験をしてみましょう。


日本にカジノを作ろうという意見があります。


どうもピンとこないのは、あのラスベガスのようなきらびやかなカジノのイメージが、日本に合わないような気がするからです。

新宿や六本木のような夜も賑やかな街にカジノを作れば、それはそれで人が集まるような気はしますが、
既成の繁華街の一角に作るカジノでは、世界中から人を呼べないのではないでしょうか。
私が思い描くカジノは、パチンコのような暇つぶしの賭け事ではなく、そこに行くとワクワクするエンターティンメントのような場所です。

ラスベガスのカジノに行ったことがありますが、ラスベガスはカジノ自体の面白さはもちろんですが、
それ以上に街全体がテーマパークのような楽しさになっているのが魅力でした。
何も無い砂漠の真ん中に、カジノを目的に人工的に作られた街ですから、ひたすら遊べるように作られています。

町並みの華やかさ、ホテルの奇抜さ、ネオンライトの圧倒的な数、個性的なモニュメント。
目に入る全ての物が楽しませてくれる街です。
カジノだけでなく、様々なコンサートやショウが催されているので、カジノ以外でも様々なことが楽しめるのです。

日本のどこかにそんな街を作ることができるのでしょうか?
ホテルのワンフロアーにカジノを作ることは可能でしょうが、それではゲーセンやパチンコと大差なく、特に魅力を感じません。
普段賭け事をしない人でも、レジャー感覚でカジノを楽しむことができる、そんなカジノならいいなと思います。

カジノは賭け事だから嫌いだという人も、ラスベガスへ行ってみればカジノの見方が変わるでしょう。

プロディーラーだから提案できるカジノと共存した充実必勝ライフ!
カジノの穴@人生必勝倶楽部

マカオのカジノ徹底調査カテゴリー項目一覧